協会からのお願い

1.アイバンク献眼登録と臓器提供意思表示カード・シールの保持を
 眼球(角膜)については、臓器提供意思表示カード・シールに記入して保持していただく方法とアイバンク献眼登録制度があり、眼球の提供をしていただける方は、当協会の事務局または、お近くのライオンズクラブにお電話をいただきますと 「眼球提供登録申込書」などをお送りします。その用紙に必要事項を記入し、ご返送いただければ「アイバンク登録票」をお送りしますので、携帯していただきたいと思っております。
2.協会へ財政的支援を
 長野県アイバンク・臓器移植推進協会は、県民の皆さんの健康増進のお役に立てるように角膜移植にかかるアイバンク事業と腎臓移植をはじめとする臓器移植の普及啓発活動をしております。
 当協会は、基本財産の運用益(利息)、賛助会費、角膜あっせん手数料、ライオンズクラブ会員をはじめとする各方面の方々からの寄付金等で運営されておりますが、長引く景気の低迷の中で財政的に厳しい運営になっております。
 つきましては、当協会に対しまして、ご理解とご賛同をいただき、格別なご支援、ご協力を賜りますようお願いいたします。

ア.賛助会費

賛助会員になっていただき、ご支援していただくようお願いいたします。
賛助会員になられますと、毎年一定額をご支援いただくものです。
法人・・・年会費1口 10,000円
個人・・・年会費1口  2,000円
※何口でも結構です。

イ.寄付金

ご寄付によるご協力をお願いいたします。
ご連絡いただければ、振込用紙をお送りいたします。